刀剣買取業者徹底比較ランキング!
刀剣買取業者徹底比較ランキング!
 

日本刀の買取なら刀剣買取業者選びが大切!

日本刀の買取なら高く売れる買取業者を選びましょう!!

刀剣(日本刀)は基本的に高い価値があり、例えば「刀」であれば無銘であっても1万円以上の買取価格がつく事は珍しくもありません。

そして、刀剣を売る場合は「銃刀法」も絡んでくるため、刀剣類の買取をしている業者に依頼するのがトラブルのリスクもなくおすすめです!

しかし、刀剣買取業者の選択を間違えれば、数十万円で売れる名刀であっても1000円前後と「なまくら」のような買取価格を付けられてしまいます。

その為、刀剣(日本刀)の買取の際には買取業者の選択は絶対に間違えてはいけません!

このサイトでは、「1.刀剣買取の専門性が高く」「2.初心者でも買取依頼しやすく」「3.刀剣を高価買取しれくれる」という3拍子揃ったおすすめの買取業者を私の経験上から選別しご紹介します。

刀剣(日本刀)の買取を考えている際にはぜひ参考にしてください。

また、「銃刀法」に関する刀剣買取の注意点や「個人ではオークションで刀剣を高く売れない理由」など、刀剣を買取業者に任せるべき理由も後述していますので参考にしてください。

コメントイメージ

刀剣(日本刀)を売る際には「銃刀法」が関係してくるため個人では売らず買取業者に任せる事を強くお勧めします!ですので、まずは刀剣を売る際のおすすめ刀剣買取業者から紹介していきます!(※「刀剣」と「日本刀」は同義ですので、以降は刀剣という言葉を主に使用していきます。)

  • 骨董品買取専門日晃堂

    【日晃堂】刀剣買取データ早見表

    • 買取価格
    • 対応の丁寧さ
    • 対応スピード
    • 評判・口コミ数
    • おすすめ度

    刀剣買取に対応している業者をWEBで検索すると10社以上は簡単に見つかりますが、その中で最もおすすめの買取業者は「日晃堂」で間違いないと言えるレベルです。

    理由はいたってシンプル、「1.刀剣の買取価格が最も高く」「2.専門知識が豊富」「3.無料査定・相談にも積極的なので初めてでも依頼しやすい」という3拍子が揃っているからです。

    日晃堂とは、茶道具や刀剣、絵画などの骨董品買取を専門的に行っている業者で、その派生として食器買取も行っている買取業者です。

    知名度が非常に高いわけではありませんが、買取エリアは全国対応で骨董品の買取に関しては名実ともにトップクラスと言え、骨董品買取の中には刀剣買取も含まれています。

    日晃堂の口コミ・評判、詳しい紹介といった情報は次のページでまとめて詳しく紹介しますが、骨董品買取業者としての実力が非常に高い事から刀剣買取でもまずおすすめの買取業者です!

  • 総合買取福ちゃん

    【福ちゃん】刀剣買取データ早見表

    • 買取価格
    • 対応の丁寧さ
    • 対応スピード
    • 評判・口コミ数
    • おすすめ度

    刀剣買取でもう一社おすすめする買取業者が中尾彬さんと池波志乃さんで有名な「買取福ちゃん」です。

    テレビCMやを始めとしたメディア展開をしており、大手買取業者の1つでもあるので日晃堂よりも知名度が高く知っている方も多いかと思います。

    福ちゃんがおすすめな理由は「1.刀剣の買取にも強い総合買取業者」「2.専門知識も豊富」「3.無料査定・相談にも積極的なので初めてでも依頼しやすい」という3拍子が揃っているからです。
    上記で日晃堂と異なる点が1ですが、買取福ちゃんは着物など様々な品物を買取する総合買取業者でありながら、骨董品の買取には特に力を入れている業者なのです。

    ですので、骨董品関係だけの買取であれば日晃堂がおすすめですが、骨董品以外にも着物や切手、ブランド品などの買取も併せてお願いする予定があれば福ちゃんが非常におすすめなのです!

    福ちゃんの口コミ評判、詳しい紹介も次のページでまとめて紹介しています!

コメントイメージ

刀剣類含めて骨董品のみの買取ならば日晃堂がおすすめで、刀剣を含めた様々な品物の買取希望ならば福ちゃんがおすすめです!ただし、刀剣類の買取価格はタイミングで大きく上下するので、無料WEB査定を活用して、2社に対してに相見積もりを取るのもおすすめですよ。

また、当サイトを作成するにあたり骨董品買取ガイド.comというサイトも非常に参考にさせていただきました。刀剣類以外にも様々な骨董品の買取情報や撮影のコツまでも紹介していて、とてもタメになる素晴らしいサイトですよ。

種類別での刀剣買取情報

刀剣として買取してもらえる種類の一覧

刀剣には「刀」「太刀」「槍」「薙刀」など様々な種類がありますので、それぞれの種類別での刀剣の買取相場例などの買取情報を紹介します。紹介している刀剣の種類は次の通りになります

刀剣の種類一覧

刀剣を売ると「銃刀法違反」違反?

刀剣として買取してもらえる種類の一覧

刀剣買取やオークションにおいて「銃刀法違反」なのかどうかの判断は非常に簡単です。

右画像のような「登録証」があるかどうかです

登録証があれば刀剣の取引はOK、登録証がなければ違法です。

ただし、「刀剣類は取得後20日以内に名義変更が必要」や「登録証がなかった場合にどうすればよいか」、そして刀剣は危険物の取引になりますので、やはり個人で売る場合には色々と問題はつきまといます。

そのため、専門性の高い刀剣の買取業者に相談しながら売る方が絶対に楽で安心なのです。

また、次のような理由からも個人で売るのには、更なる問題と高く刀剣を売れない事情がありますのでおすすめはしません。

刀剣はなぜ買取業者に依頼するのがいいの?

刀剣として買取してもらえる種類の一覧

「1.まず、結論から言いますが、「刀剣は買取業者に依頼するのが最もお得」と言えます。」

「2.逆に、「ヤフオク」や「メルカリ」などを通じて素人が個人に売ることは絶対におすすめしません。」

この2つの理由について、10万円と1万の価値をもつ2本の刀剣を「買取業者に依頼した場合」と「ヤフオクで売った場合」の二つの場合を例に挙げて紹介していきます。

では、最初に2本の刀剣をそれぞれ売った場合に手元に残るお金を一覧で紹介し、その後にそれぞれについて詳しく解説します。

買取方法別で手元に残るお金まとめ
刀剣の売却方法 刀剣A(10万円) 刀剣B(1万円)
刀剣の買取業者へ依頼 90000円 7000円
ヤフオク等に自分で出品 30000円 3000円
コメントイメージ

子牛て比べて見ると買取依頼が非常に良いと思うかと思います。この金額はあくまでも例ですが、金額差の理由等を説明をしていきます!

刀剣の買取業者に売る場合

刀剣の買取業者に依頼する場合

優れた刀剣の買取業者であればまず正確な刀剣の価値を見抜き、そのうえで現在の市場相場ならいくらで取引されている刀剣なのかも分かります。

刀剣の価値が10万円が相場だったとしても、需要と供給の市場状況によっては15万円といった本来の価値以上で取引されることもあります。

仮に15万円が市場での取引価格と分かれば、買取業者の買取相場は市場価格の「※6割程度が上限」ですので刀剣を90000円で買取してもらえるという事なのです。

(※価値が高ければ割合も変わり、金額次第では8~9割くらいまで上がる事もあります)
また、刀剣を買取業者に売る事で買取価格以外にも良いのが、手間がほとんどかからないという事が挙げられます。

簡単に言うと、「電話一本だけで」買取業者が約束した日程に自宅まで出張してくれて、刀剣を査定して買取していってくれます。

責任問題やクレーム、邪魔な手続き(詳しくは後述します)など一切必要なく、電話一本で買取まで完了でき、刀剣を高く売る事が可能です。

だからこそ、刀剣は買取業者に依頼するのがお得でおすすめと言えるのです。

しかし、悪徳な買取業者など選択を間違えればこういった刀剣買取は実現しないので、刀剣買取を依頼する際には当サイトでおすすめする刀剣買取業者に依頼することが大切なのです。

「ヤフオク(メルカリ)」へ出品する

「ヤフオク」へ出品する

ヤフオクなどで自分で売る場合ですが、大きく3つの問題があります。

1つ目は刀剣の価値を表現できるかどうかです
ヤフオクでは入札形式で売値が上がっていくとは言え、高く売るためには自分で刀剣の価値を把握して金額を設定しなければなりません。

また、出品の際にはその刀剣がどういった状態で、どういった価値のある刀剣なのか説明は絶対に必要で、説明の際には刀剣を分解して状態が分かるように詳しく撮影もしなければなりません。

更に、刀剣の波紋の撮影は技術的にも難しい事から、刀剣はきちんと出品するだけでも難易度が非常に高いのです。

しかし、出品をきちんとしなければヤフオク上で刀剣類を高く売る事は不可能に近いといえるのです。

そして、2つ目は素人の個人では一切の信頼がないという点です
刀剣を始めとした骨董品や美術品というのは贋作が非常に多く出回っていることから、ヤフオクと言ったWEB上で取引をする場合に購入する側は非常に強く警戒をします。

取引実績が多い業者からの出品ならばともかく、実績の少ない個人からの出品であれば贋作と言ったリスクを恐れて本来の価値で購入しようとする人はまずいません。

日用品や中古のローブランド品など、価値が分かりやすい品物であればまだしも、刀剣の取引で信頼を証明できないのは致命的なのです。

そして、3つ目は手間とリスクが非常に多いという点です
ヤフオクなどでは自分で「出品→やり取り→確認→発送→クレーム対応」といった手間がかかりますが、買取業者に比べると天地の差ほど手間が必要です。

更に、説明が不十分で購入者が勘違いをして贋作の刀剣を取引してしまったという場合にはクレームはすさまじく、当然ながら責任があれば全て対応しなければなりません。

これらの事から、素人がヤフオクで上手く刀剣の取引が出来た場合であっても、10万円の刀剣ならば3万円の落札価格から手数料を差し引いた27000円が手元に残り、Bの刀剣ならば3000円の落札価格から手数料を差し引いた2700円が手元に残るのではないかと想定できます。


買取方法別で手元に残るお金まとめ
刀剣の売却方法 刀剣A(10万円) 刀剣B(1万円)
刀剣の買取業者へ依頼 90000円 7000円
ヤフオク等に自分で出品 30000円 3000円
コメントイメージ

刀剣は自分で売るよりも買取業者に依頼する方がリスクもなくお得だという事が分かったと思います。刀剣に関する知識に自信があり、かつ取引に慣れているような型でなければ刀剣は買取業者に依頼することをおすすめします。

刀剣は処分できるの?

売れなさそうな刀剣なら処分したほうがいい?

面倒くさいから見つけた刀剣を処分したいと人もいるかもしれませんが、刀剣の処分は簡単です。

住んでいるエリアの最寄りの警察署に持ち込めば処分可能で、登録証も不要です。

ただし、警察署へは自分で持ち込む必要があるので持ち運びには注意が必要ですので、その辺も含めて持ち込む前に警察署に電話連絡をする事をおすすめします。

ちなみに、刀剣は危険物ですのでゴミとして出すのは絶対にダメです。

また、処分業者へお金を払って処分することも事も可能ですが、これをするくらいならば当然買取業者に依頼する方がお得でおすすめです。

ただし、刀剣を処分する判断として「素人が価値がなさそうだから・・・」といって処分しようとするのはもったいない話です。

一見錆が酷く、ほこりも被っている無価値な「刀」に見えても、有名な刀匠の刀であれば数十万円という買取価格がつく可能性もあるからです。

ですので、刀剣を見つけた際に処分するかどうかの判断は、まず買取業者へ無料のWEB査定を依頼して価値がない刀剣だと判断されてから処分を検討する事をおすすめします。

コメントイメージ

刀剣の処分は簡単ですが、刀剣の価値をはっきり知らずに処分することは大変もったいない事です。処分の前に「日晃堂」や「福ちゃん」で無料WEB査定をしてもらってから処分を検討する事をおすすめします。

優れたおすすめの刀剣買取業者!

  • 日晃堂

    骨董品・古美術専門買取業者でも屈指の買取価格と対応で、利用者・業界からの評価も非常に高くおすすめできる刀剣の買取業者です。

  • 福ちゃん

    タレントの中尾彬さんと池波志乃さんが広告塔を務める総合買取業者で、アンティーク買取には特に力を入れている実績高いおすすめ買取業者です。

刀剣コラムの一覧

刀剣に関するコラムを一覧で紹介しています。

  • 【刀剣の定義について】刀剣とはどういう定義と魅力なの?

    刀剣の定義について、銃刀法によると刀剣とは「刃渡り15センチ以上の刀、やりおよびなぎなた」「刃渡り5.5センチ以上の剣、あいくち、飛び出しナイフ」などの武器、形態が刀剣類であり、鋼質性であって、人畜を殺傷する能力があるものです。詳しく刀剣とはどういうものなのか紹介します。

  • 【刀剣を売る時】失敗しない為の方法とは?

    刀剣を売る時、何か許可が必要なのではないかと考えている方もいるかもしれません。しかし、刀剣を売る時に特別な許可は必要ないのです。そのため、持っている刀剣をオークションに出品して売ることができます。.....

  • 【刀剣を売る時】失敗しない為の方法とは?

    刀剣を売る際に失敗するパターンの一つが、売るお店を間違えて不当に安く刀剣を売ってしまった場合です。本来、刀剣自体は人気が高い割には供給量が少ないため高価になりやすいです。ところが、お店選びを失敗してしまうと、買い取り価格が低くなってしまいます。

  • 【刀剣を査定】刀剣の査定ポイントや「査定」について紹介

    刀剣の価値を調べてもらうためには、やはり専門家が在籍する買い取り業者に依頼するのが一番です。そこで登場するのが「査定」という言葉ですが、このページでは「査定」という行為や刀剣の「査定ポイント」を紹介します。

  • 【刀剣の相場】素人でもできる日本刀の買取相場の調べ方とは?

    刀剣の買取相場は素人でも調べる方法がある事はご存知でしょうか?刀剣類は買取相場が非常に分かりづらい為、買取や売却を検討の際には刀剣の買取相場は気になるかと思います。では、刀剣の相場の調べ方についてご説明します。

ページのトップへ